2018年10月16日(火)

ウルフ・ボーイズ ダン・スレーター著 麻薬組織が雇った米国少年

2018/3/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「メキシコで最も危険」と称された麻薬カルテルに戦闘員として雇われ、数多くの暗殺を実行した少年たちを描いたノンフィクションだ。彼らが実質的な終身刑となった事件は米国の世論に大きな衝撃を与えた。少年が数十人を殺したからだけではない。米国人だったからだ。

ガブリエルはテキサス州の国境の町ラレドで生まれた。貧しいけれど、家族から愛されて育った。高校ではアメフトのクオーターバックを務める人気者。将来は弁護…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報