/

この記事は会員限定です

米の保護主義、実行段階

関税免除「各国に代替措置要求」

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】トランプ米大統領は8日、鉄鋼とアルミニウムに輸入制限を発動すると正式に決めた。安全保障を理由とする36年ぶりの異例の措置で、強硬な保護主義策は実行段階に入る。日本など同盟国には関税免除の余地を残すが、各国に「代替措置を求める」(米政府高官)という。高関税を振りかざして譲歩を迫る「トランプ流」の手法に、世界貿易は揺さぶられる。(1面参照

8日に発動を決めた通商拡大法232条...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン