/

この記事は会員限定です

長時間労働の是正 企業の重要な経営課題

[有料会員限定]

▽…日本の労働者1人当たりの生産性は、2016年で経済協力開発機構(OECD)に加盟する35カ国中21位にとどまる。先進7カ国では最下位だ。中でもホワイトカラーの生産性の低さが指摘される。海外に比べ、長時間の会議や会議の資料作りなど直接は付加価値を生まない仕事が多いためだ。

▽…多くの雇用を抱える流通サービス業もデフレ下で価格競争が激しく、人件費を抑えるために長時間労働などで働...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン