/

この記事は会員限定です

内閣府「チョコで脳若返り」不適切 革新研究に冷や水

[有料会員限定]

内閣府は8日、革新技術を支援する国の研究プロジェクトで、科学の裏付けが不十分な成果を公表していたと発表した。製菓大手の明治が入った官民チームが「カカオを多く含むチョコレートを食べると脳が若返る可能性がある」と発表し、研究の不備を問う批判が相次いでいた。内閣府が外部の専門家らと異例の検証に乗り出し、「発表は不適切」と結論づけた。

検証に参加した定藤規弘・生理学研究所教授は「本来は科学界と産業界で認識...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン