/

この記事は会員限定です

ビッグデータ法制 国際協調を

世界知的所有権機関事務局長 フランシス・ガリ氏

[有料会員限定]

人工知能(AI)や情報通信技術(ICT)の発展は、知的財産の保護について従来の概念を覆しつつある。2016年は世界で300万件強の特許と700万件弱の商標、100万件弱の意匠が出願された。特に特許制度は、技術革新を促す基本的なインフラだ。

最近、従来の知財権の枠組みを超え、AIやICTの発展に不可欠なものが登場した。(消費者の行動履歴や工場の稼働状況などの)ビッグデータだ。国連の専門機関である世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1810文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン