/

この記事は会員限定です

ヘッジファンド、18年運用額最高

ドイツ銀予測

[有料会員限定]

ドイツ銀行は2018年版のヘッジファンドの調査結果をまとめた。運用成績の改善に伴い、18年には差し引きで410億ドル(約4兆3000億円)の資金がファンドに流入。18年末の運用総額は3兆4210億ドルと17年末より7%増え、過去最高を更新すると予測した。

ファンドの運用戦略別で機関投資家がもっとも資金配分に前向きなのが、企業のM&A(合併・買収)など重要なイベントを投資機会にする「イベントドリブン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン