米GF「TSMCは独禁法違反」
中国に調査要請 半導体受託生産1強揺さぶり

2018/3/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

半導体受託生産の世界2位の米グローバル・ファウンドリーズ(GF)が中国当局に対し、業界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)について、独占禁止法違反で調査するよう要請したことがわかった。世界シェア5割強を占めるTSMCに対し、ライバル企業が揺さぶりをかけるのは、TSMCが市場を「総取り」する事態を警戒しているからだ。自国企業に半導体産業を担わせたい中国政府の思惑も絡み、実質的創業者の引退を目前に、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]