/

この記事は会員限定です

孫氏、バフェット流に活路

ソフトバンク、再保険に出資協議 現金収入で財務安定

[有料会員限定]

ソフトバンクグループの投資戦略が米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイの手法に似てきた。スイスの再保険大手、スイス・リーと出資協議を進めており、保険事業を強化できれば携帯電話と並ぶ安定した現金収入源になる。保険事業で稼いだキャッシュをM&A(合併・買収)に振り向けるのはバークシャーの得意技だ。孫正義会長兼社長の視線の先には、かねて敬意を表明しているバフェット氏の姿があるのだろ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン