2018年10月21日(日)

昨年の衆院選、3462人投票できず 住民票移さず転居

2018/3/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2017年10月の衆院選で、住民票のある自治体から居住実態がないと判断されて投票できなかった人が3462人いることが5日、総務省が初めて実施した実態調査で分かった。住民票を実家に残したまま、進学で他の自治体に引っ越した学生などが多いとみられる。

総務省は国政選挙に関して「転居した場合は転居先の自治体に住民票を移し、そこで投票するのが原則」としている。同省は3月中にも各自治体に通知を出し、居住実態…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報