2018年7月22日(日)

自動運転、200メートル先を検知 東芝が半導体

2018/3/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 東芝は自動運転車に搭載する次世代センサー「LiDAR(ライダー)」向けに、200メートル先を正確に検知できる技術を開発した。センサーに組み込む半導体を開発し、従来は100メートルだった検知可能距離を2倍にしたという。

 開発した回路は低コスト生産ができ、普及が見込まれるライダーでの採用拡大をめざす。

 ライダーはレーザー光を反射させることで周囲の物体を検知する技術。解像度が優れているため、自動運…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報