/

この記事は会員限定です

世田谷パブリックシアター制作「岸 リトラル」

死の記憶に苦しむ者たち

[有料会員限定]

愛のないセックスに溺れる怠惰な日々を送るウィルフリード(亀田佳明)のもとに、幼い頃に別れた父の訃報が届く。母の墓地に葬ることを親族から拒否された青年は、父の故郷である「遠い国」へ向かい、父の死と葛藤する者たちと奇妙な旅を繰り広げる。

1997年に初演された本作は、レバノン系カナダ人劇作家ワジディ・ムワワドの出世作。20代最後に書かれた戯曲らしく才気にあふれている。詩的なセリフは、時に直情的で荒々し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン