2019年7月17日(水)

裁量労働 今国会は断念
政府・与党、働き方法案から分離 生産性向上遅れる恐れ

2018/3/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府・与党は28日、今国会に提出する働き方改革関連法案に盛り込む内容について、裁量労働制(総合2面きょうのことば)の拡大に関する部分を切り離す方針を決めた。裁量労働制に関する法案は今国会への提出を断念する。裁量労働制を巡る不適切データ問題への批判が強まる中で、世論の理解が得られないと判断した。働き方改革を通じた生産性向上が遅れる恐れがある。

安倍晋三首相は28日深夜、首相官邸で加藤勝信厚生労働相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。