/

この記事は会員限定です

企業は変われるか(4)その特許で稼げるか

先手打ち世界を握る

[有料会員限定]

特許の保有件数では世界有数なのにビジネスで後れを取る。日本企業がこんな状況の打開に動き始めた。

三菱電機には「知渉」と呼ばれる社員がいる。知的財産渉外部・知的財産センターに所属する約120人のプロたちが研究開発部門に足しげく出入りする。

数は追わない

例えば自動運転技術の開発会議。「この規格は早く特許を押さえないと他社に先取りされる」「こっちは独自技術の固まりだから非公開で」。知渉たちが助言すると、頑固な研究者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン