/

この記事は会員限定です

JOCからは非課税 所属企業からは課税

[有料会員限定]

スポーツ選手への高額な報奨金の支給で気になるのが税金の扱いだ。国税庁によると、日本オリンピック委員会(JOC)の報奨金は所得税法などの例外規定で非課税になるが、所属企業によるボーナスは「通常は課税対象になる」という。

同庁などによると、1994年度の税制改正で五輪の報奨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン