アマゾン、取引先に「協力金」要求
販売額の1~5% コスト負担求める

2018/2/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アマゾンジャパン(東京・目黒)が国内の食品や日用品メーカーに対し、同社の通販サイトで販売した金額の1~5%を「協力金」として支払うよう求めていることがわかった。物流費の上昇のほか、システムの更新費用が経営の負担になっているためとみられる。人手不足をきっかけにしたコストの上昇が取引企業や消費者の負担につながる可能性が出てきた。(関連記事企業2面に

複数のメーカー関係者によると、アマゾンジャパンが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]