2019年9月23日(月)

ダイキン、米でEV用電池材生産 能力最大30倍に

2018/2/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ダイキン工業は6月から米国でリチウムイオン電池材料の生産に乗り出す。生産する材料はフッ素樹脂の一種で、電池容量を2割増やせるため、電気自動車(EV)の航続距離を伸ばす効果が見込まれる。世界でEVの普及が見込まれるなか、需要拡大に備えて量産体制を整える。

米アラバマ州の工場で既存のフッ素樹脂の設備を改良し、電池の主要部材である正極材向けも製造できるようにする。現在は淀川製作所(大阪府摂津市)のみで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。