/

この記事は会員限定です

自立支援住宅 防火対策に限界

札幌火災「人ごとでない」 資金難で導入困難

[有料会員限定]

札幌市の自立支援を掲げる共同住宅「そしあるハイム」で1月末に起きた11人が犠牲になった火災は、同種の施設関係者に衝撃を与えた。全国には高齢者や生活困窮者の受け皿として施設が点在。老朽化した木造家屋が多く、防火対策が万全とは言えない。資金難が主な要因だが、入居費を上げれば生活の厳しさを増す。関係者は支援の強化を求めている。

神奈川県茅ケ崎市の社会福祉法に基づく無料低額宿泊所「ポルト湘南・辻堂」。築4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン