/

この記事は会員限定です

ロシア国営の対外テレビ編集長、客観的な報道「存在せず」

プロパガンダ批判に反発

[有料会員限定]

【モスクワ=古川英治】ロシア国営の対外発信テレビ局、RTのマルガリータ・シモニャン編集長が日本経済新聞のインタビューに応じた。ロシアのプロパガンダ機関との批判に対し、「でっち上げに基づいている」「(日米欧の)主要メディアがそのウソを広めている」などと反発した。

米大統領選の報道についてシモニャン氏は「RTは誰も支持していない。主要メディアが取り上げない候補の考え方を報じただけ」と反論した。ロシア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン