/

この記事は会員限定です

公衆電話の役割 小学生も知って

NTT東、県内でPR

[有料会員限定]

NTT東日本千葉事業部(千葉市)は携帯電話の普及に伴って公衆電話のかけ方が分からない子供が増えているとして、今月から県内の小学校(805校)で公衆電話の使い方を解説したチラシとポスターの配布を始める。大地震などの緊急時に親などに連絡できるように、平時から使い方を周知していく狙いだ。

公衆電話は2011年の東日本大震災を機に、非常用電話としての役割が再認識されている。携帯電話では発信が殺到して回線...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン