創薬研究で5月に新施設 バイオ後発薬、後押し 富山県薬事研究所所長 高津聖志氏

2018/2/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

2015年の都道府県別の医薬品生産額で埼玉県を抜いて1位となった富山県。同県で医薬品の技術・研究開発を支援しているのが富山県薬事研究所だ。医薬産業のさらなる成長のため5月には創薬研究開発センターを新設する。同研究所所長の高津聖志氏に課題や今後の方向性を聞いた。

――富山県の医薬品生産額は15年までの10年間で3倍近く増えました。

「医薬品の受託製造が広がり、後発薬が普及してきたためだ。江戸時代か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]