外国人労働者18%増 ベトナム・ネパール伸び 都内39万人

2018/2/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京労働局がまとめた都内の外国人雇用状況によると、2017年10月末時点での外国人労働者数は前年同期に比べて18.5%増えて39万4834人となった。07年に届け出が義務化されて以来毎年増え、最多を更新し続けている。外国人を雇う事業所も13.1%増の5万4020カ所と過去最多。労働力不足が叫ばれるなか、拡大傾向が続いている。

都内の外国人労働者数は全国の3割程度を占める。国籍別にみると、中国が1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]