/

この記事は会員限定です

問い合わせ対応 AIで 県内の企業や自治体

横浜高速鉄道、ネットで質問分析し回答 川崎市、チャット形式の実証実験

[有料会員限定]

利用者からの問い合わせ対応に人工知能(AI)を生かす企業や自治体が神奈川県内で増えている。みなとみらい線ではホームページで女性キャラクターが切符の払い戻し方法などの質問に答えるサービスを開始。川崎市は市民からの問い合わせにチャット形式でAIが応じる実証実験を始める。従業員らの省力化や、集めたデータを生かしたサービス向上につなげる。

みなとみらい線を運営する横浜高速鉄道(横浜市)は、沿線の利用者な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン