/

この記事は会員限定です

AI時代のニューディール

グローバル・ビジネス・コラムニスト ラナ・フォルーハー

[有料会員限定]

今、人々の意見を二分させるような英語の言葉と言えば、(「ドナルド・トランプ」は別にして)間違いなく「アーティフィシャル・インテリジェンス(AI=人工知能)」だろう。

米IT(情報技術)各社は先週、「ロボットは人間の仕事を奪ったりしない」という主張の展開に一層力を入れた。まず2月14日に、米下院IT小委員会が開いたAIのあり方を問う公聴会で、米インテルや画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2491文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン