/

この記事は会員限定です

室温で電子部品保護膜

山形大、世界最大の装置 コーティング熱処理不要

[有料会員限定]

山形大学の広瀬文彦教授らは、電子部品や金属部品の劣化を防ぐ金属酸化膜を室温でコーティングできる世界最大の装置を開発した。従来300度の熱処理が必要だったコーティングを室温(25度)で成功した。部品の高耐久化や高性能化につながる成果。これまでビン・缶入りしかなかったビールをペットボトル入りにもできるという。

開発したのは、湿気による酸化や薬品による腐食から電子部品などを守る保護膜を室温で形成できる大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン