2019年7月19日(金)

タクシー配車、AIで競う
ソニー、大手5グループと新社 新サービスの基盤に

2018/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人工知能(AI)による需要予測に基づき、タクシーの配車効率化を目指す動きが加速している。ソニーはチェッカーキャブ無線協同組合(東京・中央)など大手タクシー5グループと共同出資し、配車システム開発の新会社を設立する。将来的に配車システムを「相乗り」などの新サービスに発展させていく布石とする。異業種参入はタクシーの幅広いサービスの開発につながる可能性がある。

参画するのは他に大和自動車交通、日の丸交…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。