2018年8月21日(火)

新興国マネー流出基調 半月で76億ドル
米金利の上昇警戒、株式や債券に調整色

2018/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 【ロンドン=篠崎健太】新興国で積み上がってきた先進国などからの投資資金が流出に転じつつある。新興国の株式、債券市場では2月に入り16日までに約76億ドル(約8000億円)の資金が流出し、それまでの流入超過から基調が変わった。新興国の代表的な債券と株式の指数も下落が著しい。米国の長期金利が上がり、世界の株式相場の動きが大きくなったのを受け、機関投資家は新興国でとってきた運用リスクを見直し、先進国に資金を振り向ける可能性がある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報