/

この記事は会員限定です

原発事故の一律賠償 3月末終了に募る不満 (災害考)

震災前の暮らし、ほど遠く

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故で避難を余儀なくされた福島県の人々に対する東電の一律賠償が3月末で終わる。避難指示解除区域が事故前の生活を取り戻すにはなお長い時を要するが、解除を機に仮設住宅の閉鎖や固定資産税の徴収再開など、被災者の歩幅と合わない動きが目立つ。

「月10万円の賠償金は使わずに貯金してきた。春からは少しずつ取り崩すことになる」。二本松市の復興公営住宅に夫(85)と暮らす女性(82)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン