/

この記事は会員限定です

正社員優遇の見直しも 働き方法案に「同一労働同一賃金」

[有料会員限定]

通常国会の焦点である働き方改革関連法案は「同一労働同一賃金」の実施を盛り込んでいる。経験や能力の違いで説明がつかない場合、同じ仕事であれば雇用形態に関係なく同じ賃金や待遇で報いることを掲げる。

不合理な格差を例示するガイドライン案もまとまっているが、今後の司法判断が「不合理」の線引きをどう示すかが、非正社員の待遇に影響する可能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン