/

この記事は会員限定です

AIの死角(下)技術者不足で「促成栽培」

経営層も理解なお途上

[有料会員限定]

「えっ!? あの電気機器メーカーにお勤めなんですか! それならぜひ弊社にきませんか」。2017年夏、東京都と神奈川県を結ぶJR南武線の駅に貼られた求人広告の文言だ。出したのはトヨタ自動車。自動運転に必要な人工知能(AI)技術者獲得に向け、沿線に集まる大手メーカーの社員に狙いを定めた。

人材獲得では国の研究機関も悩んでいる。「研究の問題点として大きいのは人材だ」「我々も非常に苦労している」。18年1月に開かれた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン