2019年4月24日(水)

磁石の性質使う新メモリー、容量 DRAMの10倍 東北大、微細な素子開発

2018/2/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東北大学の大野英男教授らは電子の磁石の性質を利用しデータを記憶する新たなメモリー素子を開発した。携帯端末やパソコンに搭載するDRAMの10倍以上の記憶容量が期待でき、省エネにも役立つ。企業と組んで5年後の製品化を目指す。

開発したのはスマートフォン(スマホ)などの中で演算素子と組み合わせ、高速演算中のデータを保存するメモリー素子。電流で磁石の向きを変えてデータを書き換える記録方…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報