/

この記事は会員限定です

工場野菜、品質に支持

清潔・価格安定・食感柔らか スーパー・外食、積極採用

[有料会員限定]

植物工場で作った野菜が食生活に浸透しつつある。天候に左右されないために値段が安定していることに加え、最近では室内で作った野菜に特有の味や品質を好む消費者が増えている。レストランやスーパーがメニューや品ぞろえに積極的に採用し始めており、工場野菜の存在感は今後ますます高まりそうだ。

東京都中央区にある食品スーパー、マルエツの「勝どき六丁目店」。手のひらサイズのレタスが入った袋を買い物客がひょいとつまみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン