2018年9月26日(水)

米で恐怖指数巡り波紋 昨年から不正操作の指摘

2018/2/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 別名「恐怖指数」とも呼ばれる、米国株式相場の予想変動率を示す「VIX」指数の算出の仕組みを利用し、不正な市場操作が続いていると匿名の金融関係者が米証券取引委員会(SEC)などに告発した問題が波紋を広げている。

 VIXは、S&P500種株価指数のオプション価格に織り込まれた将来の予想変動率を算出して指数化。シカゴ・オプション取引所(CBOE)に上場し、市場の不安心理を推し量る目安となる。

 告発者は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報