/

この記事は会員限定です

瀬戸際 日本の食(4)「10年で一人前」待てない

[有料会員限定]

麦や大豆の産地、北海道岩見沢市の広大な農地をトラクターが走っていく。ハンドルは自動で動き、運転席に座る滝谷陽一(65)は手を離したまま周囲を目視。全地球測位システム(GPS)を使った機械の操縦で、みるみる土を耕していく。

滝谷は「自分の高齢化対策でロボットに目を付けた」。約50ヘクタールの農地を息子と耕すには限界を感じ、約10年前に自費で装置を輸入。GPSだけでは10メートル程度の誤差が出るため、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン