インドネシアで住宅難 政府は供給増へ改革を

2018/2/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インドネシアで住宅の供給が需要に追いつかない。その理由はいくつもあるが、大きな理由の一つは住宅価格の上昇が所得の上昇より速いためだ。2010年までに住宅不足は既に1350万戸に達していたが、その後の供給も遅れる。

インドネシア政府が住宅を供給する能力は非常に限られている。15年には年間100万戸を供給する計画が始まったが、これは住宅需要の20%しか満たせない見通しだ。残りは(民間企業など)社会が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]