/

この記事は会員限定です

バーコードで多言語翻訳

東松山のVB、XPAND 駅の案内表示などに 景観配慮/離れた位置でも

[有料会員限定]

駅の案内表示などに付けたバーコードにスマートフォン(スマホ)をかざすと、外国語に翻訳できるサービスを埼玉県東松山市のベンチャー企業が始める。同市と埼玉りそな銀行などが設立したファンドの出資を受け、独自のバーコードと読み取りアプリなどを売り込む。景観を損なわないデザイン性と利便性を強みに、新技術の普及を目指す。

専用バーコードの事業を手掛けるのは2017年9月に東京・銀座で設立したXPAND(南木徹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン