/

この記事は会員限定です

岡谷市 固定資産税免除へ

中小の設備投資

[有料会員限定]

岡谷市は2018年度から3年間、市内の中小企業を対象に新規の設備投資に対する固定資産税を免除する方針だ。今国会に提出される「生産性向上特別措置法案」の成立を前提にした対応で、同法案に基づく「先端設備等導入計画」を策定して認定を受けることが免税の条件となる。精密加工企業が集中する地元企業の活性化につなげる。

同法案を先取りする形で固定資産税を免除する計画を明らかにした自治体は全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン