2018年5月21日(月)

韓国ロッテ会長に実刑 ソウル地裁判決、経営に影響も

2018/2/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 【ソウル=山田健一】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄罪で在宅起訴された韓国ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長らの裁判で、ソウル中央地裁は13日、辛被告に懲役2年6月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。辛被告は即日身柄を拘束された。(関連記事アジアBiz面に

 辛被告はロッテ創業者の次男。長男との後継者争いの末、日本でも菓子事業などを傘下に持つロッテホールディング…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正>14日付朝刊1面「韓国ロッテ会長に実刑」の記事中、「13日の実刑判決で執行猶予は無効になり、懲役は合計で4年2月になる」とあったのは誤りでした。削除します。(2018/2/19 21:11)

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報