/

この記事は会員限定です

電通、純利益42%減

今期、働き方改革関連に130億円

[有料会員限定]

電通は13日、2018年12月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比42%減の616億円になる見通しだと発表した。国内の働き方改革で130億円を投じるほか積極的なM&A(合併・買収)に絡んで前期に一時的な利益が膨らんだ反動も出る。開幕した平昌冬季五輪をはじめ大型スポーツイベントが控えており、国内外で収益環境が改善する見通しだが費用増などを補えない。

電通は前期に違法残業事件を機に残業時間削減など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン