/

この記事は会員限定です

ロシアとキューバ再接近

自動車や原油、貿易拡大 対米関係冷え込み機会に

[有料会員限定]

【メキシコシティ=丸山修一】旧ソ連の崩壊以降、疎遠になっていたロシアとキューバが再接近している。中南米での影響力拡大をめざすロシアとトランプ米大統領の登場で米国との関係改善が進まず苦境が続くキューバとの思惑が一致した。

色とりどりの米国製クラシックカーがタクシーとして活躍する首都ハバナに今年、300台以上の"新顔"が加わる。ロシアの自動車大手アフトワズの新型「ラーダ」だ。アフトワズのニコラス・マウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン