2018年2月24日(土)

「20年に使用率80%」達成なら医療費数千億円減も

2018/2/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 政府は後発医薬品の使用率について、2020年9月までに現在の60%台後半から80%まで引き上げる考えだ。米国は9割を超え、英国も8割程度。日本でも障壁は多く達成は容易ではないが、この水準を目指す。使用率が80%になれば、医療費が数千億円規模で削減できるとの試算がある。

 後発医薬品は「ゾロ薬」と呼ばれた時期があった。先発医薬品の特許が切れると、様々なメーカーがその薬をゾロゾロと出すからだ。薬価も安…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報