/

この記事は会員限定です

ウーバー、グーグル系と和解

自動運転の知財訴訟 ウェイモ技術、今後使わず

[有料会員限定]

【シリコンバレー=兼松雄一郎】自動運転技術の盗用をめぐり米連邦地裁で争っていた米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズと米グーグル系ウェイモが9日、和解した。和解ではウーバーがウェイモ側に2億4500万ドル(約270億円)相当の自社株(発行済み株式の0.34%)を譲渡するほか、ウェイモの技術を使わないことが盛り込まれたようだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン