2018年2月19日(月)

賃上げ・働き方 両立焦点 春季交渉スタート、減る残業代どう再配分

2018/2/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 新日鉄住金など鉄鋼大手の労働組合は9日、経営側に賃金改善を求める要求を提出した。個別の労組と経営側との間で2018年の春季労使交渉がスタートする。デフレ脱却をめざして政府が経済界に要請した「3%の賃上げ」の実現に関心が集まるが、残業の短縮など「働き方改革」も重要なテーマだ。優秀な働き手を引き付けるために、労使が議論を深める必要が増している。

 自動車や電機など各業界の労使は3月中旬の経営側の一斉回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報