/

この記事は会員限定です

ブロックチェーンの可能性 社会基盤に高まる期待

麗澤大学教授 中島真志

[有料会員限定]

ビットコインの価格の乱高下や史上最大の被害額とされる仮想通貨の流出事件の発生など、仮想通貨が何かと世間の注目を集めている。「ブロックチェーン」は、仮想通貨の代表格であるビットコインを支える中核技術として発明されたものである。これは、「ブロック」と呼ばれる取引データの固まり(一種の帳簿)を一定時間ごとに生成し、時系列的に鎖(チェーン)のようにつなげて、データを保管する技術である。

ブロックをつなげて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1488文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン