/

この記事は会員限定です

クラウド契約広がるか 脱・ハンコ文化で働き方改革

法令上は有効も抵抗感が壁

[有料会員限定]

ネット上で契約を締結できる「電子契約」を提供するクラウドサービスが伸びてきた。既に法令上は税務を含む幅広い分野で電子化が可能だが、日本では正式文書は印鑑が必要だとする「ハンコ文化」が根強いのも事実。サービスを提供する企業は「働き方改革」の機運を追い風に、法務部門の効率化を訴えている。

電子契約サービスは、電磁的な署名をしたPDF形式などのファイルをネット上でやり取りし、クラウドサーバーで保管・管理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン