2018年5月20日(日)

株安「大したことない」 FRB高官、強気な姿勢 発言後に一段と下げ

2018/2/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)高官は8日、株式市場の混乱について「現時点では大したことない」(ニューヨーク連銀のダドリー総裁)などと静観を続けた。利上げシナリオも「年3回が基本だ」(ダラス連銀のカプラン総裁)と従来の路線を維持するとした。ただ、高官の発言後に株価が下げを強めたこともあり、市場との対話には難しさが増している。(1面参照

 ダドリー氏は金融政策を決める米連邦公開市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報