/

この記事は会員限定です

残業最多は運輸・郵便

一般社員、月30時間以上37%

[有料会員限定]

パーソルホールディングス子会社のパーソル総合研究所(東京・渋谷)は8日、長時間労働に関する実態調査をまとめた。管理職を除く一般的な会社員で残業が最も多いのは「運輸・郵便業」だった。調査では残業発生の仕組みなども調べており、効果的な残業削減対策などの提言につなげる。

1カ月に30時間以上の残業をしている人の割合は「運輸・郵便業」が37.7%で最も多く、32.1%の「情報通信業」や「電気・ガス・熱供...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン