/

この記事は会員限定です

「つみたてNISA」に及び腰

証券、低収益と顧客開拓で葛藤

[有料会員限定]

「2万5000件以上の申し込みがあった。ターゲットは30、40、50歳代。新たな人にぜひ勧めていきたい」。大和証券グループ本社の小松幹太最高財務責任者は1月末に開いた2017年4~12月決算会見で、1月に始まった積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」の募集状況を説明した。

主に現役世代が長期で運用できるよう、低コストのインデックス型投信をそろえて設計されたのがつみたてNISAだ。主な証券・銀行12社への聞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン