2019年2月21日(木)

憲法改正の論点を探る(下)自衛隊の明記、法的に困難
憲法頼みの安保論議 疑問 井上武史・九州大学准教授

2018/2/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自民党憲法改正推進本部は昨年12月、「憲法改正に関する論点取りまとめ」を公表した。具体的な改憲項目として自衛隊、緊急事態、参院選での合区解消、教育充実の4つを掲げる。最大の焦点は憲法9条改正に関わる自衛隊だ。

取りまとめでは、(1)現行の9条1項・2項を維持したうえで自衛隊を憲法に明記する案(自衛隊明記案)(2)9条2項を削除して自衛隊の目的・性格を明確化する案(9条2項削除案)――の2案が示さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報