2018年11月14日(水)

7割の小学校で実施

2018/2/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

文部科学省の15年度の調査によると、小学校の75%が短時間学習を実施している。読書や漢字・計算ドリルなど自習的な内容が多く、知識や技能の定着(複数回答で85%)、生活リズムの改善(同57%)といった効果を挙げる小学校が多かった。

学校教育について定めた学校教育法施行規則や学習指導要領は、小学校の授業を1コマ45分で計算しており、ほとんどの学校は45分授業をベースに時間割を組んでいる。だが指導要領…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

ぱっと集中、15分朝授業[有料会員限定]

2018/2/6付

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報