/

この記事は会員限定です

仮想通貨、未熟な「取引所」

巨額流出、利用者保護に遅れ 市場拡大、定着には課題

[有料会員限定]

仮想通貨取引を扱うコインチェック(東京・渋谷)から580億円分の仮想通貨が不正流出して1週間がたった。一獲千金を狙って市場になだれ込んできた個人が目の当たりにしたのは、お金を預けるには未熟な仮想通貨業界の体制だった。投機主導のバブルが収益優先の経営を助長し、利用者保護などの基本的な取引インフラの整備が後回しになっていた。今回の巨額流出問題は、仮想通貨市場が拡大を続けるために解決すべき多くの課題を投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン